MENU CLOSE

整形外科

熊本市民病院 → 診療科・部門 → 診療科 → 外科系部門 → 整形外科

整形外科の特色

 当院整形外科は、荷重関節外科、特に股関節外科の診断・治療に取り組んでいます。新生児股関節脱臼、学童期のペルテス病や大腿骨頭すべり症、若年者~壮年期の初期変形性股関節症や大腿骨頭壊死、老年期の変形性股関節症など、あらゆる年代の股関節疾患に対応可能です。特に青壮年期の変形性股関節症に対する関節温存手術(寛骨臼回転骨切り術)を積極的に行っており、多数の治療実績があります。

 またもう一つの柱として、脊椎外科分野があります。当科では、椎間板ヘルニアや狭窄症などの変性疾患、化膿性疾患、外傷や腫瘍、側弯症などに対する手術治療を行っています。

医療機関の認定(学会認定研修施設等)

  • 日本リウマチ学会認定教育施設
  • 日本リハビリテーション医学会認定研修施設

主な対象疾患

変形性股関節症、臼蓋形成不全症、大腿骨頭壊死など

特発性側彎症、先天性側彎症、症候性側彎症など

変形性膝関節症、半月板損傷、膝十字靭帯損傷など

腰部脊柱管狭窄症、後縦靱帯骨化症、黄色靱帯骨化症、頚椎症性脊髄症など

大腿骨頚部骨折、頭骨遠位端骨折など骨折全般

先天性股関節脱臼、ペルテス病、大腿骨頭すべり症など小児股関節疾患など

その他の整形外科疾患全般に対応可能

※骨軟部悪性腫瘍は熊本大学病院へ紹介を行います。また、切断手指の再接着・血管のmicrosurgeryも他院へ紹介を行います。

アピールポイント

  1. 若年性変形性股関節症に対する関節温存手術としての寛骨臼回転骨切り術は、平成4年以来約300例の手術経験があり、安定した手術成績が得られています。周術期の大出血等の重大合併症を起こさないように細心の注意を払って施行しています。
  2. 変形性股関節症に対する人工股関節置換術は年間90例程度の実績があり、初回人工股関節置換術の早期感染例は1%以下であり、長期的にも優秀な成績を得ています。
  3. 側彎症に対する治療は特発性側彎症だけでなく、先天性側彎症の手術経験もあります。まずは装具治療を行い、それでも進行する症例に対して、本人家族と相談しながら手術を選択するようにしています。
  4. 骨折に関して積極的に手術療法を選択し、早期離床・早期社会復帰を目指します。

スタッフ情報

 病院事業管理者  

水田 博志
Hiroshi Mizuta

  • 医師免許取得年度
    昭和53年(1978年)
  • 専門分野
    膝関節外科、スポーツ医学
  • 指導医・専門医・認定医
    日本整形外科学会専門医
    日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
    日本整形外科学会認定スポーツ医
    日本リハビリテーション医学会認定臨床医
     

 診療部長  

相良 孝昭
Takaaki Sagara

  • 医師免許取得年度
    昭和60年(1985年)
  • 専門分野
    脊椎外科
  • 指導医・専門医・認定医
    日本整形外科学会専門医
    日本リウマチ学会専門医
    日本リハビリテーション医学会専門医
    脊椎脊髄外科専門医
    日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医
     

 部長  

渡邉 弘之
Hiroyuki Watanabe

  • 医師免許取得年度
    平成10年(1998年)
  • 専門分野
    関節外科
  • 指導医・専門医・認定医
    日本整形外科学会専門医
    日本リウマチ学会専門医
    日本スポーツ協会認定スポーツドクター
    日本股関節学会学術評議員
     

 医長  

岡田  龍哉
Tatsuya Okada

  • 医師免許取得年度
    平成14 年(2002年)
  • 専門分野
     
  • 指導医・専門医・認定医
    日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会脊椎脊髄病医

 医員  

興梠 航
Wataru Korogi

  • 医師免許取得年度
    平成 23年(2011年)
  • 専門分野

 

  • 指導医・専門医・認定医
    日本整形外科学会専門医
     

 医員  

酒本 高志
Takashi Sakemoto

  • 医師免許取得年度
    平成  年(年)
  • 専門分野
     
  • 指導医・専門医・認定医